オナ電は今の若者ニーズにマッチしている?

オナ電とは、電話を使ってセックスをする方法で、ネットが普及する前から存在しています。
ですがネットが普及し、電話も携帯やスマホに変わった事で、よりオナ電をしやすい環境にあると言えます。

環境は整ったものの、実は最近の若者のニーズにオナ電はマッチしているとは必ずしも言えません。
なぜかというと、最近はスマホでも通話をするよりも、LINEをする人の方が圧倒的に多いのです。
その結果、新入社員は電話対応が出来ないなんて上司の嘆きも多く聞こえてきます。

それに今はゲームにしろ、ネットのサイトにしろ、アニメや電子コミックにしろ、情報過多で情報は与えられた情報をそのまま受け取るだけです。小説であれば行間を読み自分で想像する余白があるため、想像力が育てられます。
ですがすでに映像化されて完成されている作品を見るため、想像力が育ちにくいと言えます。

オナ電も想像力が必要とされるプレイです。
なので若者がいきなり電話でセックスをしろと言われても、正直何をどうすればいいのか分からないし、こんなので気持ちよくなれるのかと困惑してしまうでしょう。
恋愛シュミレーションゲームなどと連携させて、好きな声優とオナ電のプレイを楽しめるコンテンツが出来れば人気が出るかもしれませんね。

オナ電は想像力が重要

オナ電は、想像力が重要なセックスだと言えます。
ですがそんな事をいうと、自分は想像力なんてないし、上手く出来る自信がないと思う人もいるかもしれません。
でもそもそもオナニーだって、オカズという想像力を刺激するモノを利用して行っている行為です。

そのオカズが普段はエロ本やAVで行っているものを、電話によって喘ぎ声や、電話口から聞こえてくる濡れた音から色んな事を自然とイメージする事が出来ます。
例えば声が凄く色っぽいのであれば、年上のお姉さんで自分を優しくリードしてくれる女性像をイメージする訳です。

他にも濡れている音を聞けば、相手の女性器を愛撫しているところをイメージしますよね。
難しく考えずに、感じた事をそのままイメージを膨らませていけばいいのではないでしょうか?
後は、イメージが難しいと思うのであれば、予めイメージを想定しておくといいでしょう。

学校で禁断のセックスという事で、教師役と先生役でプレイをするなど、コスプレや設定を作っておくとイメージを盛り上げてくれます。
後は最初からオナ電が上手くいくわけではないと思っておいた方がいいでしょう。

やはり通常のセックスと違い、見る事も触る事も出来ないわけです。
最初は次はどうすればいいの?と戸惑いの連続かもしれません。
ですが失敗しても、別に何も失うモノはありません。
それなら何度も練習を積んで、オナ電のやり方をマスターしていけばいいでしょう。
マスターさえすれば、オナ電はお金がかからず、相手も簡単に見つける事が出来、ちゃんとセックスで気持ちよくなる事が出来る最強のセックスだと思えるようになるかもしれません。

オナ電は相手の事も考慮して

オナ電で1番最悪な終わり方は、相手だけがイッてしまい、そのまま通話を切られてしまう事です。
確かにイク事を目的にオナ電をしているので、イケればそれで終了なのかもしれません。
ですが自分だけイって相手がまだなのに、そのまま通話を終わらせてしまうのは、マナー違反な行為だと言えるでしょう。

通常のセックスでも、よほどタイミングを合わさなければ、2人同時にイク事は難しいと言えます。
ましてオナ電では、タイミングが取りづらいので、2人同時にイク事は無理だと考えて下さい。

イッた後は急に現実的に戻り、それまでの興奮も一気に醒めてしまうので、相手がイクまで付き合えない。
そんなふうに思うかもしれませんが、自分だけイケればOKという考え方ではいけません。

セックスとは2人が協力しあって、2人とも気持ちよくならなければ意味がありません。
通常のセックスでも男性だけ気持ちよくなって、女性はイケないままイッた演技をしている事は珍しい事ではありません。
ただ相手が好きな相手であれば、セックスをする事はコミュニケーションの一種と考え、相手のために演技だってするでしょう。
ですがオナ電の相手は日常生活ではあなたとは一切関わりのない相手です。

そんな相手があなたを気持ちよくさせてくれた訳です。
それならあなたもギブ&テイクな精神を持って、相手を気持ちよくさせてあげる義務があります。